WATER

water

            化粧品は何で出来てるか知ってますか?

割と知られていないかもしれませんが、大半が水が主成分になっていることが多いのです。

ただ、勘違いしてもらいたくないのが「え~ただの水なの?!」というのはちょっと違います。水の中には、塩素やミネラルどの成分が含まれております。一概には決して悪い物とは言えませんが、赤ちゃんはちょっと刺激があったり、防腐といった面からはちょっと安心出来かねるところがあります。

そこで使用されているのが、精製水です。これは医療用にも使用される安全な水です。

ですので、普通の水道水と同じってわけではないのですね。

この精製水は体内の吸収率・浸透率が高いといわれており、美容にはもっとも適したお水でコスメでは一般にこちらを使用しているのです。

ここからが本題です。

       水はいろんな種類あるの御存じですか?

普段、目にしているミネラルウォーターをイメージしていただければ、種類は色々あるのはおわかりでしょう。では、その違いは?って言われると困りません?ちょっと甘みがあるとか、舌触りがOOOとか、色々あると思いますが、抽象的で本質的な表現ではありませんね。それでは、何が違うかというと

””硬度””が違うのです。

硬度というとは水1000ml中のカルシウムとマグネシュウムの含有量を表しております。この含有量により軟水や硬水というものにわけられます。一般的にヨーロッパ、北米は硬水が多く、日本は軟水が多いです。

img_9791

      『私たちはここにコダワリました』

     ★★世界でもトップクラスの軟水を調合★★

何が違う??ここが違います!!

■浸透性が全く違います!

■硬度が低いので肌への刺激も少ないです!

 

この差は全く違います。試せばわかります。その柔らかさ、なめらかさに!